FX外為比較ブログ

テニス初心者入門ガイド

テニス初心者入門ガイドサイト。 4歳の頃からテニスを初めて、全国中学体育大会(中体連)県代表になった子供を育てた親父がテニスのいろはを徹底解説します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ジョコビッチが強くなった理由

2011年ウィンブルドン男子シングルス、ジョコビッチが優勝しましたね。

ジョコビッチは、なんと今年、まだ1敗しかしていません。
全仏の準決勝で元世界ランキング1位フェデラーに、3ー1で負けたのみで、今年は、これで、48勝1敗。全9大会中、8大会で優勝し、その中の5大会の決勝で、ナダルを破っています。

去年までは、ナダルやフェデラーに勝てなかったのに、去年末あたりから飛躍的に勝てるようになった理由とは?



それは、体質改善が大きいとされています。

ジョコビッチは、以前からアレルギー体質で困っていたようです。試合後半になると失速していた原因が、小麦に含まれるタンパク質グルテンのアレルギーによる呼吸困難だったことが発覚。

そういえば、鼻をすぼめて深呼吸しているジョコビッチの姿を、よくテレビで見かけました。

体質改善では、症状を抑えるためにパスタやパンなどの小麦を含む食べ物を絶ち、その結果、体重も減り、体のキレもよくなった。

どんなスポーツにも言えますが、技術的なことを追い求めるのは当然ですが、自分の体の特徴をよく見極め、それを克服していくのも大事だということがよくわかる出来事だと思います。
関連記事

| テニス豆知識 | 10:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

人気記事
      

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tennisguide.blog65.fc2.com/tb.php/42-43f3944c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。