FX外為比較ブログ

テニス初心者入門ガイド

テニス初心者入門ガイドサイト。 4歳の頃からテニスを初めて、全国中学体育大会(中体連)県代表になった子供を育てた親父がテニスのいろはを徹底解説します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

テニスの技術・スマッシュ

スマッシュの打ち方がネットで公開されていますので、参考にしてください。




スマッシュの打ち方は、基本的にはフラットまたは、スライスサーブと同じです。

グリップの基本もサーブといっしょで、コンチネンタルグリップです。
コンチネンタルを基本に、左右にちょっとだけ回して握ってもいいかと思います。

サーブとスマッシュで唯一ことなるのが、テークバック(ラケットを後ろに引く動作)です。

サーブは、トス(ボールを上げる動作)の際に、テークバックを行いますが、スマッシュはテークバックを行わず、ラケットを持ち上げます。その時にボール目がけて左手を上げます。ちょうどサーブの時のトスを上げた感じになります。

スマッシュの動作の流れを説明します。

1.相手がボールを打つときに、スピリットステップ(軽くジャンプする)をします。
  スピリットステップの詳細については、カテゴリ”テニスの技術”にあります。

  テニスの技術・スプリットステップ
  http://tennisguide.blog65.fc2.com/blog-entry-27.html

2.ボールがくる方向に体を移動させます。また移動させながら体を横向きにします。

3.移動しながら左手と右手を上げます。フォアハンドの場合、左手はボールを
  指差します。
  右手はL字形にします。砲丸投げのフォームを上に向けたような形になります。

4.ラケットにボールが当たるまで、ボールをよく見ます。

5.左足を踏み出しながら膝をまげ、ラケットを振り抜きます。

6.次のボールに対してスプリットステップが踏めるようにします。

7.1.に戻ってスプリットステップをします。


スマッシュは、決めたらポイントになるかっこいいショットなので、ついつい力が入ってしまい、ミスショットにつながり易くなります。また、ミスするのを恐れて、こわごわショットをしてしまいがちですが、力を抜いて、思いっきりラケットを振ることを心がけていれば、だんだんと入るようになります。

関連記事

| テニスの技術 | 07:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

人気記事
      

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tennisguide.blog65.fc2.com/tb.php/25-dcabd442

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。