FX外為比較ブログ

テニス初心者入門ガイド

テニス初心者入門ガイドサイト。 4歳の頃からテニスを初めて、全国中学体育大会(中体連)県代表になった子供を育てた親父がテニスのいろはを徹底解説します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

テニスの技術・ストローク

ストロークの打ち方がネットで公開されていますので、参考にしてください。







基本

フォアハンド、バックハンドストロークの基本は幾つかあります。
以下、ストロークの流れの順に説明します。

1.相手がボールを打つときに、スピリットステップ(軽くジャンプする)をします。
  スピリットステップの詳細については、カテゴリ”テニスの技術”にあります。

  テニスの技術・スプリットステップ
  http://tennisguide.blog65.fc2.com/blog-entry-27.html

2.ボールがくる方向に体を移動させます。
  移動する時の歩幅は、最初は大きく、打点に入る時は小刻みにボールに
  合わせるように移動します。

3.移動しながらラケットをテークバック(後ろに引く)させます。

4.膝をまげ、腰を落とします。

5.ラケットにボールが当たるまで、ボールをよく見ます。

6.打ちたい方向に打ち出すイメージでラケットを振り抜きます。

7.振り抜いたら体を正面に向け、次のボールに対してスプリットステップが
  踏めるようにします。

8.1.に戻ってスプリットステップをします。


次にフォアハンド、バックハンド毎にもう少し詳しく説明します。

フォアハンド

フォアハンドの時は、利き腕が後ろになり、片手でスイングするので、打点の幅がバックハンドよりも大きく取れます。大きく取れるということは、体の前の方で打ったり、体の真横で打ったり、ある程度自由に打てるということです。

打点の幅が大きいので、スタンス(ボールを打つときの構え)もクローズスタンス、オープンスタンスの両方ができますが、基本は、クローズスタンスです。

クローズスタンスは、ボールに向かって正面に構えるのではなく、横向きで構えることをいいます。

ステップを踏んで打点に入るとき、まず、利き足(右利きの場合は右足)をセットします。
次に、左足を踏み込みます。右足セット、左足踏み込みで体重移動がかかり勢いのあるボールが打てるようになります。

オープンスタンは、ボールに向かって正面に構えることですが、クローズと同様、右足セット、左足着地で行います。

ラケットの振り出し方で、ボールをフラット、スピン、スライスと打ち分けることができます。

ラケットを打点と同じ高さにテークバックし、真っすぐ前に振ることでフラット系のボールになります。

ラケットを打点よりも下の方にテークバックし、斜め上に振り上げることでスピン系のボールになります。

ラケットを打点よりも上の方にテークバックし、斜め下に振り下げることでスライス系のボールとなります。


バックハンド

バックハンドでは、シングルハンド(片手)とダブルハンド(両手)で打ち方が異なりますが、利き腕が前にあるので、打点の幅がフォアハンドよりも小さくなります。小さいということは、ある決まった位置でしかボールをヒットできないということです。

打点の幅が小さいので、スタンスは、クローズスタンスとなります。

ステップ時の足のセットはフォアとは反対で、左足セット、右足踏み出しになります。

ラケットの振り出し方で、ボールをフラット、スピン、スライスと打ち分けることができるのは、フォアと同じですが、スライスのときは、グリップをコンチネンタルに持ち替えて行った方がやり安いです。

ダブルハンドバックの方でも、スライスボールを打つ時は、片手で行います。

スライスの打ち方もネットにありますので、参考にしてください。




テニスが上手になるときに、バックハンドから安定する方がたくさんいますが、これは決まった位置での打点で、しかもクローズのみのスタンスなので、一定のフォームでの練習が多くなるためだといわれています。

利き足でない方の足が軸となり、利き腕ではない方の腕が中心となって、ラケットを振ることになるので、誰でも最初はとっつきにくいですが、慣れてくれば、だんだんと打てるようになります。

※私のバックはダブルハンドです。なのでシングルバックの技術はよく知りません。すみません。m(_ _)m


ストレート&クロス

ボールを何処に放つかでショットに呼び名がついています。

コート_ストレート

右手フォアハンドで上の図のような方向のショットを放った場合、

黒線 ←ストレート
赤線 ←クロス
青線 ←逆クロス

といいます。

ボールがある程度打てるようになったら、ストレート、クロス、逆クロスを打ち分けるようにしましょう。


最後に、おまけで、紹介している動画サイトに番外編なる動画ありましたので、よかったらどうぞ! コーチのミニテニス試合の模様です。早くコーチのようにテニスできるようになるといいですね。






関連記事

| テニスの技術 | 17:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

人気記事
      

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tennisguide.blog65.fc2.com/tb.php/23-52c60114

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。