FX外為比較ブログ

テニス初心者入門ガイド

テニス初心者入門ガイドサイト。 4歳の頃からテニスを初めて、全国中学体育大会(中体連)県代表になった子供を育てた親父がテニスのいろはを徹底解説します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

テニスの技術・サーブ

サーブを打つときのグリップの基本は、コンチネンタルグリップです。
コンチネンタルを基本に、左右にちょっとだけ回して握ってもいいかと思います。

サーブでのボールの打ち方は、大きく分けて3種類あります。

フラットサーブ。 ←真っすぐな弾道のサーブ。始めてテニスする方はこれ。
スライスサーブ。 ←ボールが落ちながら入り、バウンド後あまり跳ねない。
スピンサーブ。  ←ボールが落ちながら入り、バウンド後に跳ねる。


サーブの打ち方がネットで公開されていますので、参考にしてください。




こちらは、鈴木貴男プロの動画です。いずれは、鈴木プロのようなサーブを目指しましょう。ちょっと難しいかと思いますが、一度見ておくことをオススメします。





それぞれのサーブの特徴と打ち方を説明します。

コート_サーブの種類

上の図は①、②、③を明確に分けるために強調して表しています。


フラットサーブ
◆特徴
ボールに回転をかけずに真っすぐに打つのでバウンド後も真っすぐに跳ねます。

バウンド後は、上図の①のような軌道になります。

ボールを真っすぐ(フラット)に叩くのでスピードのあるパワフルなサーブとなります。
しかしボールに回転が掛かっていないので沈み込みがなく、ネットまたは、アウト(オーバ)になる確率も高くなります。

◆打ち方
トス(ボールを上げること)は、手を上げる延長線上の真上に行います。
あとはボールをよく見てラケットを振り抜くだけ。

ある程度コートに入ることができるようになれば、プロネーションという技術を使ってスピードを上げた方がよいです。
プロネーションとは、野球のシュートボールを投げるイメージで、ボールを叩くときに親指を体の内側にひねる感じで行います。


スライスサーブ
◆特徴
ボールに斜め横回転をかけて打ちます。回転が掛かっているので、ネットを超えてからボールが沈み込みます。

右利きサーブの場合、バウンド後は、上図②のような軌道になり、あまり跳ねません。

ボールが沈み込むのでコートに入る確率が高くなる反面、フラットよりはスピードは遅くなります。スピンよりは速いです。

◆打ち方
右利きの場合、トスはフラットよりも少しだけ右側に出します。
ボールの斜め右上を叩き、ラケットを右前えに出すようなイメージで振り抜きます。


スピンサーブ
◆特徴
ボールに縦回転をかけて打ちます。回転が掛かっているので、ネットを超えてからボールが沈み込みます。スライスサーブより山なりのボールとなります。回転方向によっては、ツイストサーブもしくは、キックサーブと呼ぶ場合もありますが、中上級者向けです。

右利きサーブの場合、バウンド後は、上図③のような軌道になり、高くバウンドします。

ボールが沈み込むのでコートに入る確率が高くなる反面、3つのサーブの中ではスピードが一番遅くなります。

◆打ち方
右利きの場合、トスはフラットよりも少しだけ左側に出します。ちょうど頭の真上に上げるイメージです。
ボールの真後ろをこすり上げ、ラケットを右上に出すようなイメージで振り抜きます。


サーブの打ち方のまとめ

サーブを打つ前の構えはコートに対して正面に向くのではなく、可能な限り横向きにした方がいいです。これは体のひねりを使うことでヘッドスピードが速くなり、より強いサーブが打てるようになるからです。

しかし初心者には、これがなかなか難しい。

テニスを始めたばかりの方は、やや正面に構えて、イースタングリップでフラットサーブを軽く打つようにした方が、視界がよく、簡単にコートに入れることができます。

コートに入れる感覚をつかんだ後、徐々に以下のことを行うと、よりパワフルで変化のあるサーブが打てるようになります。

・コンチネンタルグリップに近づける。
・トスするときの構えをコートに対して真横にする。
・トスを上げる手を真っすぐ上に延ばす。
・スライス、スピンサーブに挑戦する。まずは、スライスから。
・イメージを持ちながら思いっきり振り抜く。

あと一般的には、ファーストサーブはフラット、セカンドサーブはスライスまたは、スピンが理想ですが、サーブがなかなか入らないときは、ファーストもスライスまたは、スピンサーブにして、入る確率を上げ、ゲームを楽しんだ方がいいかと思います。


関連記事

| テニスの技術 | 07:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

人気記事
      

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tennisguide.blog65.fc2.com/tb.php/21-1a4f0195

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。