FX外為比較ブログ

テニス初心者入門ガイド

テニス初心者入門ガイドサイト。 4歳の頃からテニスを初めて、全国中学体育大会(中体連)県代表になった子供を育てた親父がテニスのいろはを徹底解説します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

テニスのルール・シングルスゲーム

コートの説明

コート_サーブ

サーブはサービスエリアに入れます。これはシングルス、ダブルスとも同じです。
サイドラインは、シングルス用になります。



タイブレーク

ゲームカウントが、6-6(シックスオール)になったらタイブレークになります。
タイブレークの最初のサーブは、コート右サイド(フォアサイド)から1回行います。
次のポイントからは、相手サイドサーブとなり、コート左サイド(バックサイド)から行います。次のポイントはコート右サイドからサーブを行い、左サイドと右サイドで計2回サーブを行った後は、サーブサイドが相手に変わり、左/右と2回ずつサーブを行います。
左サード/右サイド2回ずつのサーブを勝負がつくまで繰り返します。

Aさん、Bさんが試合を行うとして、このゲームの最初のサーブがAさんの場合は、タイブレークの最初の1ポイント目もAさんがサーブをコート右サイドから行います。

次に、Bさんがコート左サイドからサーブを打ち、次にコート右サイドからサーブします。
次は、Aさんがコート左/右と2回行い、次にBさんがコート左/右と2回サーブを行います。
これを勝敗が決まるまで続けます。

また、ポイントが6、12、18・・・と6の倍数でコートチェンジを行います。
例えば、ポイントが3-3になったら、チーム1、テーム2はコートを入れ替えます。
関連記事

| テニスのルール | 14:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

人気記事
      

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tennisguide.blog65.fc2.com/tb.php/17-dd70c24f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。