FX外為比較ブログ

テニス初心者入門ガイド

テニス初心者入門ガイドサイト。 4歳の頃からテニスを初めて、全国中学体育大会(中体連)県代表になった子供を育てた親父がテニスのいろはを徹底解説します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

テニスをする場所

テニスをする場所はいろいろありますが、公共施設、民間施設、その他に分けて説明します。


公共施設

市町村営、県営公園内テニスコート
多くの自治体が運動公園内または、一般の公園内にテニスコートを設置しています。


大きなところであれば、公園内テニスコートの近くに事務所があり、そこでコートの貸し出しを行っています。
小さいところは、その自治体のスポーツ振興課などの部署が貸し出しを行っています。ネットで予約できるところもありますので、ネットがある方は、検索して見てください。ネットがない方は、イエローページで自治体のスポーツ振興課などに問い合せてみてください。

自治体が運営しているコートが一番安いと思います。大体1時間300円~1000円くらいで1コート借りることができますので、友人やご家族でテニスをする場合は、自治体コートがお得です。ナイター施設を利用する場合はナイター施設代が別途かかります。


学校のテニスコート、体育館
小中高大学校のテニスコートまたは、体育館でテニスができるところがあります。
貸し出ししているかはその地区によるかと思いますが、教育委員会のスポーツ振興課などに問い合わせすればわかります。
学校のテニスコートや体育館の場合、原則無料かナイター設備代くらいです。

電力会社など、公共機関のテニスコート
電力会社や鉄道会社など公共機関の会社でテニスコートを所有している場合に貸し出しを行うところがあることを聞いたことあります。詳しくは、公共機関へお問い合わせください。


民間施設

テニススクール、テニスクラブ、スポーツクラブ
スポーツクラブなど会員制でスクールを提供しているところです。
初心者コース、中級者コースなどレベルにあったコースがあり、上級者のテニスコーチがついてレッスンをしてくれますのでテニスの腕前を上げるには、一番手っ取り早いところだと思います。ほとんどのスクールが無料貸し出しラケットを備えていると思います。

ただ、やはりお金はかかります。入会費1~2万円くらい、月謝5千~1万円くらいが相場だと思います。急に仕事が入りスクールに行けなくなった場合でも別の日に振り替えができますので、お金を無駄にすることはないと思います。

ホテルなどの宿泊施設
大きなホテルは大体テニスコートを備えています。
ただ、お金が少々かかります。ホテルにもよりますが、1時間3千円くらいで1コートが相場だ思います。

その他

壁打ち
公園や広場など、壁打ちができるところがあります。
壁打ちは大体無料で、予約が必要なく早い者勝ちとなります。

公園、広場、空き地
空きスペースがあって人の邪魔にさえならなければ、ボレー対ボレーの練習をすることができます。
大きな空きスペースであれば、ネットはないですが、ストロークの練習も可能です。

河川敷
私は実際に見たことはありませんが、雑誌などで河川敷にテニスコートがあるのを見たことがあります。
多分、自治体か学校のもちものだと思いますが、場所によっては貸し出ししてくれると思います。

| テニスをする場所 | 17:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

人気記事
      

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tennisguide.blog65.fc2.com/tb.php/15-39a8ec7c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。